ヘッドライトの黄ばみ対策と除去方法

スポンサーリンク

ヘッドライトの黄ばみ除去と対策方法

スポンサーリンク

ヘッドライトの黄ばみの原因

 

ヘッドライトの素材

昔の車はガラス製のヘッドライトを使用しており黄ばむことはなかったのですが、現在の車のヘッドライトには「ポリカーボネート」という樹脂が使用されています。

ポリカーボネートは、軽く加工しやすく衝撃にも強いという特徴を持っています。

 

しかし、このポリカーボネートを使用している車のヘッドライトは10年ほど経つと黄ばんできます。

原因には次のようなことが考えられます。

 

紫外線

ヘッドライトの黄ばみの一番の原因とも言えるのは紫外線です。

ポリカーボネート は紫外線に弱い特性を持ちます。

車は、太陽の紫外線にさらされやすい状況にあリます。

 

では、なぜ10年近くして黄ばみ出すのかというと、紫外線から守るためにポリカーボネート のヘッドライトの上にコーティングをしているからです。

コーティングも10年ほどで剥がれてしまい黄ばみ出すのです。

 

黄ばみの原因に傷も関係してきます。

ポリカーボネートは、樹脂であるため傷にはあまり強くありません。

そのため黄ばみ予防のためのコーティングが傷により剥がれてしまい黄ばみを早める原因となるからです。

 

熱による劣化も黄ばみの原因になります。

ポリカーボネートの耐熱温度は130度ほどあり樹脂としては優秀です。

しかし、熱によりコーティングが剥がれてしまい黄ばみを早める原因となります。

 

 

黄ばみ対策

黄ばみを除去することはできますが、まずは黄ばみを作らないために対策をしておくことが大切です。

次のようなことを行えば、少しでも黄ばみを抑えることができます。

 

ガレージの利用

黄ばみの一番の原因は紫外線のため、紫外線に当たる時間を少なくすれば黄ばみを抑えることができます。

そのため、ガレージがあれば紫外線からのダメージを防ぐことができるため一番最適な方法といえるでしょう。

 

また、ガレージは車自体の劣化を抑えることができるので車を長く乗る方や旧車を保管するには一番最適です。

 

ボディーカバーの利用

ガレージは、一戸建てや専用のスペースがないと難しく予算もかかります。

ガレージ設置が難しい方に適しているのはボディーカバーを付けることです。

 

ボディーカバーを付けることで車を紫外線から守ることができるため黄ばみのを抑えることができます。

気をつけなければいけないのは、ボディーカバーを付ける前に埃を除去する必要があります。

 

埃をかぶったままだとボディーカバーと車が擦れた時に傷を作る原因となります。

そのため、毛ばたきを使用し埃を除去したりボディーカバーの裏を起毛にするなどする必要があります。

 

また、ボディーカバーは取り付けに時間がかかり雨の日などは取り付けが困難です。

カーポートがある駐車場や日頃あまり車を使用しない人が適しているのではないでしょうか。

 

私は、駐車場がカーポートであり普段車を使用していなかったのでボディーカバーをしていましたが、黄ばみも抑えることができましたしボディーも綺麗な状態を保つことができました。

毛ばたきでオススメは、オーストリッチの毛ばたきです。

 

あまり安い毛ばたきは反対に傷を作る恐れがあります。

下記の毛ばたきは私も愛用していますがケースも付属しており傷も付かずにオススメです。

 

created by Rinker
松本羽毛合同会社
¥6,600(2021/10/27 14:49:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

ボディーカバーでおすすめは、「仲林工業株式会社」のボディーカバーがおすすめです。

サイズもオーダーできますし様々な種類のボディーカバーがあります。

 

下記のサイトが公式サイトになります。

 

車体カバーやカーカバーなら|ボディカバーの老舗【仲林工業】
車体カバーやカーカバーをお探しなら【仲林工業】へ。国内外の幅広い車種・サイズの自動車カバーを取り揃えております。その他、確実にカバーを固定したい方にオススメの「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」をはじめ、オリジナルオプションもご用意しております。

 

 

手洗い洗車

黄ばみの原因の一つに傷がありましたが、傷を抑えるためには手洗い洗車が効果的です。

最近の洗車機は、傷を作らないようにしているものもありますが、長年使用していると傷が出来やすいです。

また、自分で手洗い洗車をすることで車への愛着も湧くのではないでしょうか。

 

予防的に適宜コーティング

黄ばみを抑えるために元々ヘッドライトにはコーティングをしています。

経年劣化でコーティングが剥がれていくため適宜コーティングをすることで黄ばみを抑えることができます。

 

私は「プレクサス」という商品を使用しています。

評価も高くおすすめです。

 

黄ばみを除去する方法

黄ばみができてしまった時に除去する方法はいくつかありますが、市販されている物を自分で施工するのはオススメしません。

なぜなら、黄ばみを除去するためにはヘッドライトを研磨する必要があります。

 

研磨作業には専用の工具が必要であったり技術が必要となります。

また、内側が黄ばんでいると素人には除去が困難です。

 

プレクサスなどのコーティング剤でも黄ばみをある程度除去することができますが十分に黄ばみがとれない場合が多いです。

そのため、少し値段がかかりますが業者に頼んだ方が満足いく内容となるでしょう。

 

関東近辺の方であれば下記のサイトがおすすめです。

 

 

 

車を大切に思う気持ちが一番大切

黄ばみを対策するのに一番大切なのは車を大切にすることです。

ヘッドライトが黄ばんでいると、どんな高級車でも古臭く見えていまいます。

 

反対にヘッドライトが黄ばんでおらず日頃から洗車をしてボディーが綺麗な状態だと、どんな車でも新車のように見えてかっこいいものです。

黄ばみを除去することより対策をして大切に乗ることを心がけると良いのではないでしょうか。

 

ヘッドライトを綺麗にしたら車のボディーも綺麗にしませんか?

下記のリンクを参考にしてみて下さい。

 

洗車するならワックスそれともコーティング
車を綺麗に保つためにはワックスとコーティングのどちらがいいのでしょうか。今回はそれぞれの特徴を紹介していきます。

 

コメント