【住宅ローン金利比較】変動金利と固定金利を比較してみた 

スポンサーリンク

【住宅ローン金利比較】変動金利と固定金利を比較してみた

 

【住宅ローン金利比較】変動金利と固定金利を比較してみた

【住宅ローン金利比較】変動金利と固定金利を比較してみた

 

今回は、住宅ローンについて考えたいと思います。

家を買うというのは一生に1度あるかないかの買い物だと思います。

 

また、家を一括購入という方は、世の中にそんなにたくさんいないと思います。

そのため、ほとんどの方がローンを組むことになります。

 

ローンと一括りに行っても変動・全期間固定・10年固定など様々です。

ここでは、住宅ローンの種類と、私が考えるメリット・デメリットを伝えたいと思います。

 

【住宅購入】一戸建てとマンションどっちがいいか比較してみた
住宅購入を検討されている方、一戸建てとマンションかどっちがいいか比較してみました。それぞれに、メリット・デメリットがあるので紹介します。

 

 

スポンサーリンク

住宅ローン種類

住宅ローンは、大きく分けて変動金利で組むローンと固定金利で組むローンとあります。

 

変動金利とは

一般的に金利が一番低く設定されており返済途中に定期的に金利が見直されるタイプのローンです。

金利は半年ごとに見直されます。

しかし、半年ごとの金利の見直しのたびに返済額が変わるわけではありません。

 

一般的には返済額の変更は5年ごとに行われます。

また、金利の見直し後の返済額が上限があり前回の125%までしか上がりません。

 

ただし、実際は125%以上の場合は残りの上限以上の%分は次の更新時に繰り越されることになります。

 

メリット

固定金利よりも低い金利でローンを組みやすい

 

デメリット

金利が上昇した際は、支払い額が多くなる。

5年ルールがあるが金利の上昇が大きいときは次の更新時に繰り越される。

金利の動向を気にしないといけない

 

 

固定金利とは

固定金利はローンを借り入れた時に決められた金利で支払っていくローンです。

一般的には同じ時期の変動金利よりも高い傾向にあります。

 

固定金利には「金利期間選択型」と「全期間固定金利型」があります。

固定金利には、5年ルールなどはなく、固定されている期間であれば、金利の変動はありません。

 

金利選択型であれば契約時に固定金利にする年数を選択し、その期間の金利は変動なく期間が終了したら次の金利タイプを選択するタイプのローンです。

 

全期間固定金利型とは支払いが終了する期間まで金利変動がないタイプのローンです。

「フラット35」が有名な全期間型ローンです。

 

メリット

固定期間中であれば、支払額が変わらない。

支払額が変わらないため将来設計が立てやすい

金利の動向を気にしなくてよい

 

デメリット

同じ時期にローンを組むと変動金利よりも高い

「フラット35」でローンを組むと団信は別途加入が必要

低金利が続けば、最終支払額が変動金利よりも多くなる

 

 

変動金利と固定金利どっちがいいの?

変動金利と固定金利のメリット・デメリットを紹介しました。

では、「変動金利と固定金利どちらがいいの?」となりますが、これには答えはありません。

 

なぜなら、「その人の生活スタイル・経済状況によって変わる」からです。

一般的に言われているのは「金利が低い時は固定で金利が高い時は変動」と言われていますが必ずしもそうとは限らないからです。

 

住宅ローン選びに悩んでいる方は、住宅ローンを賢く選ぶための一括審査申し込みサイトがおすすめです。

住宅ローンの見直し借り換えを検討される方はモゲチェック・プラザがおすすめです。

住宅ローンのプロが最適な見直しプランを提供してくれます。

 

また、住宅の購入について相談されるなら住まいの窓口に相談されてみてはどうでしょうか。

無料で相談できますので気軽に利用できます。

 

変動金利と固定金利どちらもメリット・デメリットがあります。

自分にあった金利方法を選択できるように下記のリンクを参考にしてみて下さい。

 

【住宅金利比較】変動金利・固定金利 あなたに合っているのは?
変動金利と固定金利、あなたはどちらを検討されてますか。あなたには、どちらが合っているか今回の記事を参考にしてください。

 

コメント