ペニーでクルージングは最高だが購入にあたり3つの注意点

スポンサーリンク

ペニーでクルージングは最高だが購入にあたり3つの注意点

 

ペニーでクルージングは最高だが購入にあたり3つの注意点

 

 

30歳でスケボーを始め、滑ることすら上手くできなかった初心者です。

今でも、オーリーなどのトリックは、ほとんどできません。

 

しかし、ペニーを購入して、スケボーの楽しさはオーリーやトリックだけじゃないことに気づかされました。

今では、ペニーの方がメインで使用しています。

 

スポンサーリンク

ペニーってなに?

そもそも、ペニーとは何なのでしょうか?

 

ペニーとはオーストラリア人のベンマッケイ氏が創業、商品開発し誕生した「プラスチックスケートボード」です。

会社名も「Penny」となっておりペニースケートボードに対する情熱が伝わります。

 

 

通常のスケートボードと何が違うの?

オーリーやトリックする際に使用するスケートボードとの違いは、「大きさ」「素材」「目的」です。

 

大きさ

ペニーは、通常のスケートボードと違いサイズが小さくなっています。

この小ささが魅力の一つと言っていいでしょう。

ペニーのサイズは、22インチと27インチの2種類となっています。

 

サイズ横幅
22インチ57cm15cm
27インチ68.5cm19cm

 

私が使用しているのは、22インチのものです。

サイズが大きい方が乗った時に安定感があります。

初心者であれば27インチの方がいいでしょう。

 

素材

通常のスケートボードの素材は木です。

ペニーはプラスチックを使用しています。

そのため、通常のスケートボードより軽く作られています。

 

目的

スケートボードとペニーでは、使用用途が変わってきます。

通常のスケートボードは、ストリートでのトリックやハーフパイプでの利用を目的とします。

 

ペニーでは、クルージングがメインとなります。

そのため、それぞれが用途に合わせたセッティングがされています。

ペニーでトリックをすることもできますが、かなりの技術が必要となります。

 

 

ペニーの魅力

オシャレ

ペニーは、様々なカラーが用意されており持っているだけでオシャレに見えます。

更に、上手に乗りこなすことができれば目立つこと間違いなしです。

 

パーツ交換が可能

ペニーは、劣化した部分や故障した部分ごとにパーツが販売されており交換が可能です。

また、ウィール(タイヤ)は、様々な色が販売されており、好みに合わせてカスタマイズが可能です。

 

音が静か

通常のスケートボードは、ウィールが硬いため路面が悪い場所では音がうるさいですが、ペニーはウィールが柔らかいため通常のスケートボードに比べ音が静かです。

 

クルージングに適している

ペニーは、クルージングに適しているスケートボードのため、ボードに伝わる衝撃が少なく、一回プッシュするだけでかなり進みます。

そのため、クルージングがストレスなくできます。

 

 

ペニーを購入するにあたって3つの注意点

使用できる場所が限られる

スケートボードは、使用できる場所が限られます。

公道での使用は禁止ではないですが、道路交通法第七十六条第4の三には、交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすることを禁止しています。

 

交通のひんぱんな道路というのが曖昧なため、判断が難しいですが基本的には、車や人がいる場所では使用しないようにした方が良いでしょう。

また、公園なども禁止されている場所が多いです。

 

禁止な場所が多いため、自分で使用できる場所を探す必要があります。

イメージ的に、ちょっと近くのコンビニまでペニーで移動とかは難しいかもしれません。

 

類似品に注意

ペニーは類似品が数多く出回っています。

安い物では2000円くらいから販売されている物もあります。

 

形は似ていますが、実際には別物であり使用感が全然違います。

特にベアリングに違いがあるのか、ウィールの回りが全然違います。

 

そのため、1プッシュで進む距離が違います。

ペニーでなくてもバナナボードなどの良品もありますが購入する場合は注意が必要です。

ペニーは値段が高いですが、高いなりの理由があるのです。

 

ペニーでクルージングは最高だが購入にあたり3つの注意点

板の真ん中にpennyのロゴがります。

 

ペニーでクルージングは最高だが購入にあたり3つの注意点

トラックにもpennyのロゴがあります

 

スケボー経験でないとクルージングが難しい

スケートボードは、周りから見るとクルージングくらいなら簡単そうに見えますが、実際にはかなり難しいです。

特にペニーは、サイズも小さくバランスを取りづらいためボードの上に立つことも難しいです。

 

クルージングを楽しむくらいになるには、かなりの練習が必要となります。

スケボーは、想像以上に難しく転倒しやすいため始めのうちは、ヘルメットや肘あてが必要かもしれません。

私は、スケボーでかなり転倒しています。

 

リップスティックネオは最新型ブレイブボード【おすすめする理由】
最新型のブレイブボードのリップスティックネオをおすすめする理由を紹介します。大人も楽しめるので、ぜひ購入を検討されてはどうでしょうか。

 

 

注意点があるけど乗れれば最高

注意点はありますが、実際にクルージングができるようになれば楽しいです。

初心者は、練習あるのみです。

 

私は、暇があればペニーに乗っています。

私にとっては良き相棒のペニー皆さんも購入を検討されてみてはどうでしょう。

 

 

【TOY MOCK(トイモック)】自立式ハンモック長期使用レビュー
子供の頃に一度は憧れるハンモック。今回は自立式ハンモック【TOY MOCK(トイモック)】を長期使用したのでレビューします。

 

コメント